野球

秋山翔吾の年俸は安い?メジャーも視野に!

野球

若手で、昨年もしっかり成績を残してきた、秋山翔吾選手。

そんな秋山翔吾選手の年俸安いのか?

メジャー視野に入れている!?

その真相を調べてみました。

 

スポンサーリンク



 

秋山翔吾の年俸は安い?メジャーも視野に!

テレビ番組で柳田選手と年俸倍違うと話されていたそうです。

バラエティ的には面白かったようですが、

ライオンズファンは笑えなったかもしれません。

 

年俸が安い理由

秋山選手は2016年オフに契約更改交渉を行い、

年俸2億円プラス出来高払いの3年契約を結びました。

そして2018年オフは3年目最終年の契約更改交渉を行います。

とありました。

変動式の複数年契約だから、上げ幅が少ないそうです。

 

牧田選手からは海外を勧められた

 

秋山「ちょっと・・・(年俸に)不服ですねぇ・・・」

秋山「高額年俸の選手に挟まれてますねぇ・・・」

秋山「牧田さんからも「アキ!アメリカいいよ!」って連絡が・・・」

秋山「来年がMLB挑戦のラストチャンスだと思う」

テレビですし、本気なのかちょっと冗談なのかわかりませんが、

これは海外流出もありそうです。

 

 

3年目最終年の契約更改交渉で年棒増

西武の秋山翔吾外野手(30)が、

埼玉・所沢のメットライフドームで契約更改に臨み、

年俸2億2000万円から1500万円増

2億3500万円プラス出来高でサインした。

 

ひとまず上がったことはよかった…ですね。

 

来季への思いとして「挑戦」を掲げ、

「同じチームでやれたら“連覇”とか“日本一”ってなるけど、

あれだけの選手が抜けたのはみんなにとってもチャンス。

違うチームになっている。僕も数字を伸ばすとか。それが挑戦かなと」

と話した。

 

今季は2年連続首位打者こそ逃したが、

195安打で最多安打のタイトルを獲得するなど、

打率・323、82打点、24本塁打をマーク。

 

連続試合フルイニング出場のパ・リーグ記録を更新し、

現在も歴代5位となる596試合連続フルイニング出場を継継続中だ。

 

2年連続3度目のベストナイン、4年連続5度目のゴールデングラブも獲得。

海外FA権取得が濃厚となる来季は3年契約の最終年。

「まずは3年契約を全うして、そこから考えるということ」と話した。

(金額は推定)

 

スポンサーリンク



 

秋山翔吾選手、キャプテンに!

2019年から西武ライオンズのキャプテンとして活動されるそうです。

昨季までキャプテンを務めた浅村が楽天にFA移籍となりました。

後任は未定のままだったが、

辻監督が「センターラインが抜けて、新しいチームになる。この状況を任せられるのは、秋山しかいない」と力説した。

連覇を目指す今季だが、炭谷、菊池、浅村とセンターラインから一気に3人が抜けます。

戦力ダウンとならないためにも、チーム一丸が必須です。

 

辻監督と球団の話し合いでは、キャプテンを置かない案も出たという。

最終的には辻監督自らが秋山を強く希望。

実績、経験、人間性などを総合的に判断したそうです。

 

キャプテン次第でチームの雰囲気も変わりますもんね…

 

 

最後に

2019年はキャプテンとして、海外も視野に入れて、

もっと成績を伸ばしていかれるかもしれませんね!

人生1度きりですし。

まわりは気にせずがんばってほしいです。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

↓こちらもおすすめです。

秋山翔吾がウナギイヌで人気もウナギのぼり?グッズバカ売れ!

 

スポンサーリンク