ニュース

千葉で虐待死の小4 栗原心愛さんの悲痛な叫び

毎度どうも、マリモッコリです。

 

先日起きた、悲惨な千葉虐待死の事件。

少しづつ明らかになる、当時の状況。

 

今回は小4で亡くなった、

栗原心愛さんの悲痛な叫びをまとめました。

 

 


 

 

栗原心愛さんの悲痛な叫び

少しずつ、詳細な情報が出ていますね。

 

叫び声や怒鳴り声がよく聞こえていた

近所の主婦や、サラリーマンによると、

度々聞こえたと話しています。

 

「『うるさいんだよお前は』『殺してやる』『死ね死ね』と言っていて、

『ぎゃー』という叫び声がけっこう聞こえた」

 

 

かぁちゃん何してたーー(>_<)

「女児が泣きわめき、『お母さん、怖いよ』と叫ぶ声や、

 『うるさいんだよ』という男性の声を何度も聞いた」

 

こういうとき、

しっかり通報するべきなんでしょうね(>_<)

 

でも、そこで警察が行ったら、

そのあとさらにエスカレートするかも知れませんよね・・

 

どうしたら・・

 

 

小学校の経緯

以前通っていた小学校が実施した、

いじめに関するアンケートでは、

「父親にいじめられている」と答えていたことがわかりました。

 

その後、

小学校から連絡を受けた市が児童相談所に通報し、

児相が心愛さんを一時保護

その後両親のもとに戻された。

 

自宅に戻ったあとの18年1月、

同じ野田市内にある二ツ塚小学校に転校。

 

小学校によると、この際、

野田市の担当部署から虐待を受けていないか

見守る必要がある「要保護児童」だと説明を受け、

身体測定や水泳の授業の際に、

体にあざや傷がないか確認するなどの対応を取っていた。

 

 

しばらくは普通だったようです。

 

学校生活の中では虐待の兆候は見られず、

友達もできて楽しく過ごしている様子だった。

 

また、逮捕された父親の勇一郎容疑者は、

授業参観や運動会などの学校行事に夫婦そろって参加していた。

 

心愛さんが学校で発熱し、

連絡を取った際はとても心配した様子だった。

 

通学先の小学校によると、

心愛さんは始業式があった今月7日から欠席していた。

 

ですが・・

 

心愛さんは冬休み前の12月21日に登校したのを最後に、

年が明けて授業が再開した今月7日以降は、

ずっと欠席していた。

 

↓これが意味不明。

これについて、学校には勇一郎容疑者から

「自分は仕事で戻ってきたが、娘は妻の実家がある沖縄に行っている。

親族の体調が悪くなり、側にいたいと言うので、

1月いっぱいは休ませ、2月から登校させたい」と連絡。

 

 

学校の友達は

心愛さんの同級生は心愛さんの死を悲しみ、

マフラーを編んでくれた思い出を語りました。

「(心愛さんが)『(家の)鍵を持っていない』と言っていたから、

家に一緒に来たりして、

『一緒に寒さ忘れながら話そう』と作ってもらったから、けっこう宝物だった」

これ一番きますね・・

 

 

学校の校長は

杉崎哲実校長は、

「体型の変化や表情、あざや傷がないか注意深く見ており、

異常はなかったので、虐待などはないと思っていました。

 

心愛さんは穏やかで何でも頑張る、笑顔の似合う女の子でした。

本当に残念のひと言です」

と話しています。

 

 


 

 

 

 

 

父・栗原容疑者の現在

 

父親の新たな供述

みずから110番通報した際、

「もみ合いになったあと、娘が呼吸しなくなった」と説明していましたが、

 

その後、

「娘がおねしょをしたので、

当日の午前10時ごろから生活態度についてしつけをした」

などと供述していることが、

捜査関係者への取材で新たにわかりました。

 

 

県警は26日、容疑者を傷害容疑で千葉地検松戸支部に送検した。

 

 

最後に

ほんとに虐待の事件はいつも同じような供述ですよね。

内容も・・しつけって・・

あなたこそ精神的にしつけてもらってこいって思いますね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!