ニュース

橋本佳歩の子供は田中聡の子?やけどにラップ9時間放置!

毎度どうも、マリモッコリです。

 

3歳の女の子に

大やけどを負わせたにもかかわらず、

パチンコに出かけていた

母親の橋本佳歩容疑者。

 

そして同居人の田中聡容疑者。

 

5歳の長男が近くに助けを求め、

事件が発覚しました。

 

2人の子供は田中容疑者との間の子なのか?

なぜラップを巻いたのか?

詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

橋本佳歩の子供は田中聡の子?

 

 

田中容疑者は「同居の交際相手」

という形の報道しかないので、

実の父親ではないようです。

 

母親の橋本容疑者は22歳。

5歳の長男がいるので、

17歳の時の子供という事に

なりますが・・

 

遊びたい盛りの子育てに

不満が大きくなったんでしょうか・・

 

 

やけどにラップ9時間放置!

3歳の長女が大やけどを負っているのに放置したとして、神奈川県警は5日、母親(22)と、同居する交際相手の男(21)=いずれも横浜市鶴見区=を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、発表した。

長女は背中から腰にかけて3カ月以上の重傷を負い、現在も入院中だが、上半身にラップを巻かれた状態で9時間にわたり自宅に置き去りにされていたという。

 

逮捕されたのは、母親の無職橋本佳歩容疑者と、自称運転手田中聡容疑者

県警によると、2人は4日正午ごろ、やけどを負った長女に治療を受けさせず、自宅で放置した疑いがある。

いずれも容疑を認め、「パチンコに行っていた」と供述。

橋本容疑者は「シャワーを浴びた際、過って熱湯をかけた」と説明しているという。

 

 

長男(5)が4日夕、「ママがいない」と近くの会社事務所を訪問

通報を受けた鶴見署員が、意識がもうろうとした状態で布団に横たわっている長女を発見した。

その後の同日午後9時ごろ、橋本容疑者らが帰宅したという。

 

横浜市などによると、橋本容疑者の親族から昨年11月、「育児に心配がある」と相談があった。市などは家庭訪問するなど支援を続けてきたという。

 

 

なぜラップを巻いたのか?

実際、やけどを負ったときに、

「ラップ療法」という方法は

存在するようです。

 

橋本容疑者もネットなどで

調べて一応対処したということでしょうか。

 

やけどに対しての「ラップ療法」は、やけどの程度を的確に判断すればかなり有効な治療法であると考えています。

やけどの重症度は、受傷面積と深さから判断します。

受傷面積が約10%以上(片腕全体ぐらい)のもの、顔(特に気道熱傷の恐れがあるとき)のやけどは、救急で総合病院を受診してください。

重症熱傷は命にかかわります。

 

 

やけどする温度

子供の皮膚は薄く、

大人に比べてやけどもしやすいそうです。

 

人がやけどする温度は45度以上。

 

45度の低温は1時間

70度以上の高温は1秒

皮膚組織の破壊が始まるそうです。

 

シャワーで「誤って」やけどしたみたいですが、

意図的にとしか

思えません・・

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

長男が必死に妹を助けた?

母親と同居人が出かけているあいだに、

長男が必死に助けを求めていました。

 

長男から助けを求められたのは、近くの自動車修理工場の増渕拡昌さん(49)。

4日午後4時半ごろ、雨が降りしきる中、作業中の増渕さんのもとに、パジャマ姿で雨にぬれた長男が飛び込んできた。

増渕さんに対し「お母さんに会いたい」と話してきたため、「おじさんが家まで連れて行ってあげる」と家まで同行した。

 

道中、長男は増渕さんの手を強く握り、引っ張るようにして徒歩約3分ほど先の家まで向かった。

家に到着すると、長男は「家に入りたくない」とおびえたような様子を見せると「妹がいるの」「皮がむけてる」と続けた。

 

ことの重大を認識し「放っておくわけにはいかない」と鶴見署に連絡。

橋本佳歩容疑者(22)らは不在だった。

その後、警察官や救急隊員らが到着。

隊員らの会話から、長女が大けがを負っていたことが聞き取れた。

 

「服が(肌に)くっついている」「重度熱傷」…。

長女は銀紙に包まれ、病院に搬送された。

 

増渕さんは長男の行動について「必死の様子だった。妹を何とかしてほしかったんだろう。とにかく大人に来てほしかったんだろうと思う」と振り返る。

長女の様子については「発見が遅くなったら亡くなってしまっていたかもしれない」と神妙な面持ちで話した。

 

 

スポンサーリンク



 

 

最後に

服が皮膚とくっつくぐらいに

ひどいやけどを負っていたんですね・・

 

長男は5歳で、

怖くて不安だっただろうと思います。

 

どんなひどい親でも、

子供は必至に

ついていくしか

ないですもんね・・

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!