お正月

日本各地のお雑煮の違い!それも入れちゃうの!?

お雑煮

お正月といえばお雑煮

どうやら日本各地こんなにも違いがあるようです。

何となく聞いたことはあったけど…

どんなものがあるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク



 

日本各地のお雑煮の違い!それも入れちゃうの!?

東日本全般と九州四国地方では、醤油がベースとなっているすまし汁だそうです。

元々、江戸ではすまし仕立てが当たり前で、それが江戸からどんどんと広がっていったようです。

うどんも東日本は醤油ベースですもんね!

 

北九州では赤みそ

近畿地方では白みそというように、地方によってお雑煮の汁が違います。

 

また、出汁も少し違い、基本的にはカツオがベースとなっていますが、

京都では昆布出汁を使っていますし、

青森県や山形県では鰯の煮干しを、宮城県では焼きハゼから出汁をとり、

福岡県や長崎県ではとびうおからと、同じすまし汁でも出汁のベースにも違いがあるそうです。

 

昆布出汁って北海道のイメージですが、よくとれるのが北海道で、

それをうまく使い始めたのは、関西なんですヨ。

だから出汁文化があるし、昔の方はだし昆布は関西のものという認識が強いと聞きました。

 

 

 

変わったお雑煮

衝撃なんですが…

香川県のお雑煮白みそにあんこ餅を入れるそうです。

香川県のお雑煮

 

 

 

 

 

 

白みそといりこだし(煮干しだし)の香川県のお雑煮。

そこに、普通のもちでは無くあんもちが入ることで、絶妙な味わいとなります。

砂糖が贅沢品で規制されていた昔、

和三盆の生産が盛んだった香川県の一部では、

せめて正月くらいは甘味を楽しみたいと、

小豆をあんこにしてこっそりお雑煮のもちにくるんで食べました。

これがあん餅雑煮の始まりだといわれています。

 

香川といえばうどん!

「あんもち雑煮うどん」というものがあるそうです。

あんもちをパリッと焼き目がつくまで焼いた後に、うどんに乗せたものみたいです。

一度に讃岐のうどんとあんもち雑煮の風味が楽しめるとのことで、気になります。

 

 

いいもの見つけました!!ww

各地のお雑煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何やらスイーツらしきものもいくつかありますね…

それはぜんざいではないの…?というツワモノも…

 

スポンサーリンク



 

 

特徴的なものをまとまると…

岩手県:クルミのたれを付けて食べる

宮城県:焼きハゼをのせて食べる

福島県:凍り豆腐の雑煮

千葉県の南の方:海藻を干した「はばのり」を乗せる

東京都:鶏肉や小松菜を入れる

新潟県:さけとイクラを乗せる

福井県:カブ・鰹節を入れる

奈良県吉野郡:きなこを付けて食べる

京都府:白みその里芋入り

島根・出雲:あずきを使ったあまいお雑煮

香川県:あんこ入りの丸餅を利用

岡山県:ぶりが入っている

広島県:カキを入れたすまし汁

福岡県:焼きあなごをだしに使う

鹿児島県:えびだしの薩摩雑煮

 

なかなか豪華ですねー!

 

 

お餅の形も違う

関東は角餅、関西は丸餅を入れることが多いみたいです!

 

私は関西ですが、確かに家で食べるお雑煮のお餅は丸かったなぁ…

というかお正月用にスーパーじゃなく、

和菓子屋さんにお餅買いに行くと、

必然的に丸餅しか選択肢ないような気がするんですが…

 

もしや関東の和菓子屋さんでは四角いのか…?

 

 

 

最後に

全国のお雑煮、食べてみたいですねー!

ぜんざいのような感覚なのか、ご飯的感覚なのか…

改めて見てみると面白いですね!

会話のうんちくにも使えそうです。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

↓こちらもおすすめです。

お正月映画おすすめ集!あの話題作も!

お正月ネイルにシンプルなデザイン集

2018紅白!ユーミンがサザン桑田佳祐に胸騒ぎの腰つき!?

 

スポンサーリンク