ニュース

カールラガーフェルドの家族は?同棲していた彼がいた!

カールラガーフェルド

毎度どうも、マリモッコリです。

 

シャネルの

カールラガーフェルドさんが

亡くなられましたね。

 

文字通り、全世界が

衝撃かと思います。

 

今回は、家族経歴など、

見ていきたいと思います。

 

 


 

 

カールラガーフェルドの家族は?

カールラガーフェルド

 

 

 

 

 

 

 

 

カールラガーフェルドの経歴

生年月日:1933年9月10日

出身地:ドイツ北部ハンブルク

 

・パリを拠点に活動

・1964年:クロエと契約

・1965年:フェンディと契約

・1983年:シャネルと契約

・自身の名を冠したブランドも立ち上げた

 

 

カールラガーフェルドの家族は?

結婚はされていませんでした。

 

両親は、

父親:

ビジネスマンの

オットー・ラガーフェルド(1881-1967)

 

母親:

エリザベス・バーマン(1897-1978)

 

 

同棲していた彼とは!?

カールラガーフェルド 彼氏

 

 

 

 

 

ジャック・ドゥ・バッシェール(1951–1989)

 

この方は男性で、

長らく同棲していたそうです。

 

この方が亡くなるまで、

関係は続いたそうです。

 

 


 

 

 

 

 

「元カレ」との情事

『Jacques de Bascher, dandy de l’ombre(原題)』

(影のダンディ、ジャック・ドゥ・バシェール)

マリー・オッタヴィ著

 

エレガンスと快楽に溺れたパーティー、

舌鋒の鋭さで知られた

教養あるフランス貴族の男を描いた本によると、

 

 

ラガーフェルドは70〜80年代に

18年間彼と交際していたが、

 

「一度も肉体関係を持ったことがなかった」

 

「私の彼に対する愛は無限でしたが、

肉体的な関係は一度も持たなかったのです。

もちろん、彼の肉体的な魅力には誘惑されましたけどね」

 

とご本人が語ったそうです。

 

彼は、

1989年に38歳の若さで

エイズによって亡くなった

そうです。

 

 

カールラガーフェルドは、

最後まで彼に忠実で、

病院のバシェールのベッドの横の

折りたたみ式ベッドで寝ていた

とか。

 

 

彼はイヴサンローランと愛人関係だった

これは、有名な話のようです。

 

彼は、イヴサンローランとは

肉体関係にあったそうです。

 

イヴサンローランの映画にも

そのくだりあったように

思います。。

 

 

ラガーフェルドは、

バシェールのデカダンスと

たまらないワイルドさに惹かれていた。

 

2人はまったくの正反対だった。

 

「私は完全に禁欲的だったけれど、

ジャックの火遊びを愉快だと

思っていたのです。

 

私たちはこれ以上ないほど

違っていました。

 

私は自分自身に対しては

カルビン主義だったけれど、

他の人に対しては

とても寛大だったのです」

 

 

 


 

 

最後に

ファッション業界は、

同性愛者の方多いですよね。

 

感受性が高いからなのか、

何なのか。

濃ゆいエピソードでした。

 

心からご冥福をお祈りします。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!