ニュース

木津いぶきの生い立ちは?動機は木津屋が経営難で借金も関係してる?

木津屋

毎度どうも、マリモッコリです。

 

荒川区の和菓子店「木津屋」の冷蔵庫で木津いぶきさん(18)が見つかった事件で、連絡が取れなくなっていた父親(43)が首をつった状態で見つかりました。

犯行は父親だったようですが、その動機は何だったのでしょうか。

経営している木津屋に借金があったのではないか、いぶきさんの生活態度に原因があったのではなどと言われています。

今回は、父親やいぶきさんの生い立ちなどについてまとめました。

 

木津いぶきのか顔画像やプロフィールは?

木津いぶき

 

顔写真はおそらく小学生の時のものが公開されています。

 

名前:木津いぶき(18歳)

住所:東京都荒川区東尾久8丁目

職業:大学1年生

大学:不明

 

自宅から事件現場の和菓子屋までは徒歩で約12分のようです。

 

FacebookやTwitterは?

SNSのアカウントについては特定できませんでした。

またわかり次第追記します。

 

木津いぶきの生い立ちは?

父親が経営する木津屋は、平成15年27歳の時に開業したそうです。

 

墨田区向島にある菊最中・栗羊羹で有名な老舗和菓子店『青柳正家』で修行を重ねたそうです。

 

このときいぶきさんは2歳です。

単価も比較的安いと思うので、稼ぐのは簡単なものではないと思います。

 

それでもいぶきさんを大学に行かせたのは親心でしょうか。

いぶきさんもお店を手伝ったりしていたようですが、父親と何があったんでしょうか。

 

父親の動機は?

事件発覚前、家族に「娘を店で切った。川に沈んで死ぬ」などと電話で話していました。

 

その後、連絡が取れなくなり、事件発覚から約4時間後に遺体で見つかっています。

いぶきさんの弟が警察に父親の不穏な動きを通報したそうです。

 

一家心中ではなさそうなので、いぶきさんに気に入らない何かがあったと思われますが、まだ明らかになっていません。

 

おとなしい性格のいぶきさん。

跡継ぎ候補だったのに、違う道に進みたいというような流れがあった可能性もありますね。

 

事件の現場「木津屋」

木津屋 俯瞰

 

住所は、東京都荒川区東尾久4丁目33です。

昔ながらの地域の和菓子屋さんですね。

 

食べログの評価は3.13。

 

大福やあんドーナツなど近隣の方には親しまれていたそうです。

あんこが上品でおいしかったそうです。

接客も優しい雰囲気だったそうです。(誰が接客したかはわかりませんが・・)

 

借金があった?

借金に関してはネット上の推測で、本当かどうかはわかりません。

これが殺害動機に直結したのかどうかもわかりませんが、苦労して大学まで行かせたのに、という葛藤などもあったんでしょうか。

 

最後に

いぶきさんの弟も父親のことで警察に通報するなんて辛かったでしょうね。

母親は連絡できなかったんでしょうか。

2人とも亡くなって、本当のことはわからないかも知れませんが、何かしらでもめてしまったんでしょうね。

自分も死ぬほどのことなら、いぶきさんを殺さない選択肢はなかったんでしょうか。