ニュース

御堂筋線の発煙の原因!枕木からなぜ?電車は鬼混み!

毎度どうも、マリモッコリです。

 

土曜の午後に、

御堂筋線が運転見合わせで

パニックになった件についてです。

 

西中島南方駅での発煙は、

枕木からだったという

ことです。

 

原因や火元は何だったのか?

調べました。

 

現在は全線運転再開したようですが、

鬼のように混んでいるとのことです・・

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

御堂筋線の発煙の原因!枕木からなぜ?

 

 

「線路上に煙が出ている」と消防に通報がありました。

消防が現場に駆け付けると、枕木の下から煙が出ていたということですが、火は確認できていないということです。

大阪市消防局によりますと、このトラブルでのけが人や救急搬送はないということです。

また、「駅員が消火した」との情報もありますが、火元が何だったのかなどについては分かっていません。

 

詳しくはわかっていませんが、

 

何かしらの油が漏れたところに

摩擦で発煙した?

電流の関係

などが考えられます。

 

 

詳しすぎる解説が

ありました。

こんにちは。
首都圏の私鉄で電車運転士をしております。

油が自然発火するということは、ほぼありません。

 

しかしレールには、

○電車から変電所へ戻る電気の帰路

○信号電流

…が流れており、レールの継目でアーク(放電)が発生する事があります。

 

○発生したアークが転轍器の油に触れて引火

○車両台車のギア部からの油が線路内軌条に自然落下し、その油と発生したアークで引火

○不具合はなく、実は公衆や旅客の投げ捨てタバコが原因だった
……という事は可能性としてあります。

 

昨今は鉄筋の入ったPC枕木なので、基本的に発火することはありません。

上記の通りで、線路内発煙はかなり珍しい不具合です。
ご安心ください。

 

 

 

過去にも天六で枕木発煙

地下にたまった水と、

レールの電流が関係していたようです。

 

大阪市北区の市営地下鉄堺筋線天神橋筋六丁目駅で2、6両日、線路付近から発煙が相次いだトラブルについて、市交通局は13日、レールから枕木に電気が流れて発煙したと推定されると発表した。

何らかの理由で枕木の絶縁性が低くなっていたとみている。

交通局によると、発煙したのは両日とも同駅北端から北に約200メートル離れた上下線の折り返し部分。

付近には地下からの水がたまり、電車が通過するたびに線路に水がかかる状況だったといい、同局ではこの水が関係しているかを含め、引き続き原因を詳しく調べている。

一連のトラブルは帰宅ラッシュや通勤通学ラッシュを直撃し、多くの運休や遅れが発生。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

枕木って何!

 

枕木

 

あぁこの木か・・

 

その役割は、

レールの間隔(軌間)を一定に保つ

レールを枕木が支え、枕木をバラスト(砕石や砂利)が支える

列車の重量を効率よく分散させてバラストに伝え、過度なレールの屈曲や沈下を防ぐ

左右のレールを絶縁する

クッション

水平

カーブ

レールのつなぎ目と隙間

音を吸収する目的もあるそうです。

 

 

 

電車は鬼混み!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

最後に

そうでなくても

たいがい混んでるのに

カオス極まりないですね。

 

みなさまお疲れさまでした。

闘っておられる方、

がんばって・・!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!