ニュース

中野勝徳の仕事は何?踏切切断するほど多忙?

毎度どうも、マリモッコリです。

 

4月13日に起きた、

京成線踏切切断の事件。

衝撃でしたよね。

逮捕された中野勝徳容疑者の仕事

何だったんでしょうか?

踏切を切断してまで急がないと

命がないような状況だったんでしょうか?

調べました。

 

中野勝徳のプロフィール

中野勝徳

 

名前:中野勝徳(なかの かつのり)

年齢:53歳

住所:市川市大町

容疑:器物損壊

 

中野勝徳の仕事は何?

自営業で板金屋(ばんきんや)をしていたようです。

 

薄い金属板を切ったり曲げたり、

加工する仕事だそうです。

 

家の屋根・神社やお寺の飾り・

配管・車のボディ・飛行機の翼などに

使われます。

だからのこぎりが簡単に出てきたんですね。

 

中野勝徳の動機は?

仕事があるのに渋滞しており、動けなくなっていることに腹を立ててやってしまった

と容疑を認めていますね。

 

人身事故の影響でなかなか踏切が開かなかったタイミング。

‥ですが先方に1本電話を入れれば済む話では

なかったんでしょうか?

ヤ〇ザ事務所かなんかだったのか・・(;´・ω・)

 

職人としてはいかなる理由も認められないんでしょうか?

「?」だらけです。

 

 

↓関連記事です。切断動画!

京成電鉄谷津駅の踏切のこぎり切断!早く渡りたかった?

 

ネットの声

ここの踏切は前ららぽーと行くのに自転車で何度か通った事があるな
京成津田沼 踏切も、なかなか開かない。

高架するべき。
たまたま通りかかったのも工事関係の方でしょうね。京成側も少し対応取るべきですね。

 

コメントを見ていると、踏切が閉まりっぱなしにしている鉄道会社の怠慢だという意見を散見しましたけど、多くの場合人身事故って人が死んでるんですよ?

バラバラになった遺体を回収する駅員がいる中で、自分の時間の都合を押し付けて詰めかける人を見ますが、鉄道会社も被害者なんですよね。

電車が動いてないからといって踏切を手動で開けてしまった場合、その情報が運転士に伝わらずに運転再開したら、どうでしょう?

遮断機が下りて無いところを渡っていて、突然電車が猛スピードで自分に突っ込んでくることを想像して、命よりも時間が大切だと思えますか?

 

大神宮下から抜け道的に来れる所でしたっけ?
朝一で急いでるのはわかりますが、まず先方へ電話をかける、次に鉄道会社に問い合わせる、どうしても開かないようなら横にいた人をとりあえず持てるものだけ持たせて先に行かせればいいのでは?

切り落とすという発想には流石に頭おかしい部類の人間だと思いますので、検査入院をオススメします。

 

最後に

コメントもいろんな角度からの意見で

荒れてますね。

とにかく仕事道具をこんなことに

使ってしまったのは残念です。