テニス

錦織圭の年収ランキング!世界で最も稼ぐテニスプレーヤー

錦織圭

日本のテニス界を最も盛り上げている錦織圭選手。

CMなども多数出演されていますし、もしや世界最も稼ぐテニスプレーヤー

ということで気になる年収ランキングを調べてみました!

 


 

錦織圭の年収ランキング!世界で最も稼ぐテニスプレーヤー

早速、ランキングを見ていきたいと思います!

2018年8月時点でのランキングです。

※日本円は2019年1月5日現在のレートで計算

 

 

1. ロジャー・フェデラー/7720万ドル(約83億7855万円)

賞金:1220万ドル エンドースメント契約料:6500万ドル

 

2. ラファエル・ナダル/4140万ドル(約44億9316万円)

賞金:1440万ドル エンドースメント契約料:2700万ドル

 

3. 錦織圭/3460万ドル(約37億5515万円)

賞金:160万ドル エンドースメント契約料:3300万ドル

 

4. ノバク・ジョコビッチ/2350万ドル(約25億5046万円)

賞金:150万ドル エンドースメント契約料:2200万ドル

 

5. セリーナ・ウィリアムズ/1810万ドル(約19億6440万円)

賞金:6万2000ドル エンドースメント契約料:1800万ドル

 

6. キャロライン・ウォズニアッキ/1300万ドル

賞金: 700万ドル エンドースメント契約料:600万ドル

 

7. グリゴール・ディミトロフ/1270万ドル

賞金:670万ドル エンドースメント契約料:600万ドル

 

8. アンディ・マレー/1150万ドル

賞金:100万ドル エンドースメント契約料:1050万ドル

 

9. スローン・スティーブンス/1120万ドル

賞金:570万ドル エンドースメント契約料:550万ドル

10. ガルビネ・ムグルサ/100万ドル
賞金:550万ドル エンドースメント契約料:550万ドル

 

 

世界で「最も稼ぐテニス選手」の1位は、ロジャー・フェデラーだった。

13年連続の首位となる。

 

すさまじいですね・・!

一人ずば抜けてます。

 

錦織選手も3位と、上位に食い込んでおられます!!

それだけ知名度もあり、多数のスポンサー契約のために、

正月特番や東京五輪イベントに出演しないわけにはいかず故障明けに懸念も

ということでした・・

 

37億か~~

それだけ自己投資にもお金かかるでしょうね~

しかし、それでも余るお金はいくらぐらいなんでしょうね~・・

 

テニスはその他のスポーツと異なり、

女性に男性と同額の賞金を獲得するチャンスが与えられているそうです。

(米プロバスケットボールNBAの選手は、女子プロリーグWNBAの選手の100倍の収入を得ている)

 

 

テレビで放映される試合の視聴率にも男女差がなく、

企業側が女性の一流選手らの姿を目にする機会が多いことも、

高額のスポンサー契約が多い理由となっている。

 


 

 

錦織はけがで休業も高収入

不労所得ってほんとに大事ですよね・・

いつ動けなくなるかわかりませんし。

 

日本のスター選手、錦織圭は昨年、手首のけがで5か月にわたり全ての試合を欠場した。

それにもかかわらず、錦織とスポンサー契約を結ぶ企業は増え続けている。

錦織は過去12カ月の間に、アサヒビール、NTTグループ、日本航空、LIXIL、日産との契約を更新した。

スポンサー各社の大半は2020年東京五輪・パラリンピックのスポンサーであり、ほとんどの契約期間は2020年以降までとなっている。

ATPツアーの大会で11回優勝している錦織のスポンサーにはそのほか、

ユニクロ、ウィルソン、ナイキ、ジャガー、タグ・ホイヤー、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などが名を連ねる。

 

 

 

最後に

テニスは男女差がなく、賞金に反映されるんですね!

ほかのスポーツが男女差あることも初耳でしたが・・

錦織選手、これからもじゃんじゃん稼いでほしいですね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

↓こちらもおすすめです。

錦織圭は両親と不仲!関係の回復は難しいその理由は?

錦織圭の彼女は観月あこで妊娠中!?悪評の理由とは

錦織圭の彼女は追っかけで現在は破局寸前!?