テレビ

ポカリのcmがうざい!ダンスも歌も耳に残ってイライラする!?

毎度どうも、マリモッコリです。

 

最近のポカリcmは風変わりな仕様になりましたね。

今まで爽やかなcmのイメージだったのが、不思議なダンスと歌でポカリ感もわかりにくいうえに耳に残ってとても不快に感じます。

最後の決めポーズもほんとに厳しいです。

 

同じように思っている人は結構多く、うざい!と言われる始末です。

にもかかわらず、ダンスも変えて同じ曲でまた放送されていますが、いつ終わるんでしょうか。

夏なのでポカリのcmの頻度も多い気がしますが、嫌いだから気になっているだけでしょうか。

 

ポカリのcmがうざい!ダンスも歌も耳に残ってイライラする!

あれは「ポカリ青ダンス」というシリーズのようですね。

2019年のポカリcmのテーマは「汗」だそうです。

一応コンセプトがあって気合入れてされていたんですね・・(失礼すぎ)

 

cmより長めのロングバージョンでありました。

2019年夏「雨のち晴れ」編

 

この泥んこの意味がよくわかりませんね。

 

とどめのこの決めポーズは何を意味しているんでしょうか。

P・O・C・A・R・I・・なんでしょうけどおそらく・・?

ポカリ泥

 

2019年春「魂の叫び」編

 

最後のお金ポーズはポカリの「P」らしいです。

 

とにかく何が無理って、

この青春感満載なのが無理

陽キャラ感が苦手

という文化祭に真剣に取り組む、クラスで目立つ系のグループが嫌いだったタイプの感想が多い印象でした。

激しく同意・・

そもそもダンスも歌も無理っていうのもあります。

 

曲あの歌は何?歌詞は?

曲名は、意外にも「汗は君のために流れる」らしいです。

作詞:朝日廉(あさひれん)

作曲:梅林太郎

だそうです。

 

このお二人は有名なcmの曲も手掛けていたりバンドで作詞作曲されていたりとかなりスゴイ方でした。

 

主役によって歌詞はどうやら何種類かあるようです。

が、cmで見るのはサビの部分なので同じです。

 

↓魂の叫び編の歌詞です。

嫌い組には「メロディー部分なんかいらず、このサビがイライラする」という話になってくるかと思いますが、参考までに。

 

一瞬どこが違うのかわかりません。

歌詞①

ポカリ歌詞

歌詞②

ポカリ歌詞

歌詞③

ポカリ歌詞

雨のち晴れ編ははっきり書かれたものがなかったので書いてみましたが・・

「こう聞こえる」で書いてますので間違ってるかもしれません(;´・ω・)

まわりの湿っけでふやけた背骨が

チリチリ乾いてくその陽が照らしてる

正しさおかしさどちらも抱えたまんま

心がこぶし挙げて続いてくんだ

 

振付師は辻本智彦

奇妙な青ダンスを振り付けしたのは、辻本智彦さんだそうです。

米津玄師さんの振り付けもされているそうです。

 

そもそもあの高校生は誰?

TikTokのオーディションでメンバーは選ばれているそうです。

リアルに中高生のようです。

あの激しいcmでは人をまじまじ見る余地もないですね。

 

定期的にうざいという声相次ぐ

トレンド入りするほど爆発もしてないですが、割と毎日ちらほらつぶやかれてます。

 

最後に

正直こんないろんな人が関わって作っているのに、こういう感じなのねと複雑に思ったわけですが・・

やっぱり青春がなにかと邪魔をしているんでしょうね。

しかし違和感を感じてるのが自分だけではなかったと思えただけでスッキリしますね!

さすが日本人。

がんばっておられる皆様には申し訳ないですが、早く通常の爽やかcmに戻ってほしいです。(切実)

cmって番組みたく選べないんで・・(゜_゜)