ニュース

土屋りさの親や夫は?知人男性はホスト?子供は目がくぼんでいた

パトカー

毎度どうも、マリモッコリです。

 

また小さい子供が亡くなってしまいました。

仙台市で2歳11カ月の陽璃(ひなた)ちゃんを母親の土屋りさ(25)が3日以上アパートに放置し、低体温症で死亡させて逮捕されました。

ひなたちゃんは、全裸で胃の中が空っぽの状態で見つかりました。

土屋容疑者は、勤務先や知人男性の家にいたそうです。

など土屋容疑者の詳細についてまとめました。

 

2歳児放置で死亡させた母親逮捕!

宮城県警仙台北署は1日、仙台市青葉区台原の飲食店従業員、土屋りさ容疑者(25)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。逮捕容疑は、2歳11カ月の長女陽璃(ひなた)ちゃんを3日以上にわたって自宅アパートに放置し、低体温症で死亡させたとしている。土屋容疑者はのり巻き1本だけを部屋に置いて外出したといい、陽璃ちゃんは死亡時、全裸で、胃の中がからっぽだった。

 

同署によると、土屋容疑者は「(陽璃ちゃんを放置していた間)キャバクラ(勤務先)や知人男性の家に行っていた」と供述。泣きながら「育児に精神的に疲れ、一人になりたかった」「私が悪かった」などと容疑を認めている。

 

同署によると、土屋容疑者は陽璃ちゃんと2人暮らし。1カ月ほど前に市内の別の場所から、1Kタイプの現在の部屋に転居してきたばかりだった。土屋容疑者は6月27日午前0時ごろ外出し、帰宅した同30日午前11時ごろ、居間で倒れていた陽璃ちゃんを発見。自ら「娘が息をしていない」と119番した。

 

 消防が駆けつけたとき、陽璃ちゃんは衣服やおむつなどをつけておらず、その場で死亡が確認された。部屋に冷蔵庫はあったが、中にも室内にも食べ物や飲み物はなく、のり巻きの包装フィルムが落ちていた。陽璃ちゃんが放置されていた28日深夜から29日朝、仙台市では最低気温16・6度が観測されたが、暖房器具は作動していなかった。

発見時の陽璃ちゃんは目がくぼんでおり、体重は約8.6キロで、厚生労働省の調査(2017年)による3歳女児の平均体重13.9キロに比べて5キロ以上も軽かった。遺体に目立った外傷は確認されていないという。

 

土屋りさのプロフィールと顔画像は?

顔画像は公開されていませんでした。

名前:土屋りさ(25)

住所:仙台市青葉区台原

職業:仙台市内のキャバクラ勤務

 

自宅や勤務先の場所についてはわかっていません。

また情報がありましたら、書いていきたいと思います。

 

FacebookやTwitterは?

こちらについてもアカウントは特定できませんでした。

また詳細わかり次第追記します。

 

動機は何?

「育児に精神的に疲れ、一人になりたかった」「私が悪かった」と泣きながら容疑を認めています。

 

暴行などではなく、完全放置の育児放棄だったようです。

全裸でおむつもつけていなかったそうです。

体重も3歳児の平均体重より5キロも少なく、目がくぼんでいたそうです。

 

ここに至る前は育児を頑張っていた時もあったんでしょうか・・

 

知人男性はホスト?

詳細はわからなかったのですが、キャバ嬢の繋がりで可能性はありますね。

子供がいることは隠していたんでしょうか。

この先付き合ったら札幌の事件のように2人して暴行に発展していた可能性も考えると辛いですね。

 

土屋りさの親や夫は?

自宅は土屋容疑者とひなたちゃんの2人暮らしだったそうで、親とは離れて暮らしていたようです。

夫は早々に離婚したか、そもそも結婚に至っていないか、あまりいい背景が浮かびません。

 

最後に

ついこの間札幌の事件が起きたばっかりで、つらいですね。

働きながらの育児は大変でしょうし、助けを求めたり共感してもらえる環境にもなかったんでしょうね。

男のところに逃げたという印象になってしまっています。

環境はどうあれ、許されることではないのでひなたちゃんのこと忘れずに反省してほしいですね。